こんにちは!動画クリエイタースクール事務局 のぶです。

本日は、YouTubeでよく聞く効果音やBGMのフリー素材サイトをご紹介します。動画編集をしてつまずく点として、「どんな効果音を使ったらいいのかわからない」ではないでしょうか?YouTubeの動画編集をしていてもっと、「あの音どこにあるの」「もっと面白くしたい」「視聴者に動画を楽しんでもらいたい」などの感情が沸いたきたことはありませんか?

私は、あります!!

Youtube動画を見ていると、「これ面白いな」「すごい、何これ」「気づいたら最後まで見てしまった」ことがあります。それは、動画に出ている人が好き、話すのが上手だから、などあるかもしれませんが1つの理由として効果音やBGMがついていて飽きさせないようにしてあると思いました。

そういった効果音はどこからとってくるのかをご紹介していきます。

効果音・BGMの活用

例えば、BGMのテンポを変えると、歩くスピードや食べるスピードが変わり、そして音量が大きいと声が自然と大きくなります。音楽の要素が変わるだけで人の行動は変わるのです。また、飲食店で言えば、BGMを流すことで雰囲気作りすることで売上に変化することが研究で実証されています。

用途に合わせて、適切な効果音を使うことで、より視聴者に動画の内容を理解してもらうことができます。

例えば、転ぶシーンを動画編集の中で表現したい時に「ドン」か「バン」どちらを使うかで相手がどう受けとるかは変わってくるということです。

疑問

では、どうすればいいんでしょうか?

まず、全体の構成を理解することからやってみましょう。

この動画はどう見せたいのか、動画の中で1番伝えたい場所はどこなのか。ここの場面だとつまらないから、効果音やBGMをつけて変化を見せよう。など色々と試行錯誤をしながら「ここはこう見せてみよう」と考えながら動画編集をしていきましょう。正解はない世界です。この動画では何を伝えたいのかゴールを決めてから、自分がどう相手に伝えたいかを大切にしてみましょう。

<受講生との声>

受講生
田邊さん

ゴールや目的を決めていないと、動画編集が楽しくなってきて「あれ、これもやってみようと」してしまうと「沼だな」と思いました。(笑)

受講生
新美さん

思っていたより、時間がかかってしまう。集中すると時間がすぎてしまうので、時間配分のメリハリも必要だと感じました。

のぶ

時間は、有限です!注意が必要ですね。(笑)

YouTube動画編集の無料効果音、BGMなら!

ここでおすすめする動画編集の効果音サイトをご紹介していきますね。まずは、ここ!!動画編集をする方ならここは押させておきましょう。

・効果音ラボ

https://soundeffect-lab.info/

効果音をとるサイトとして、見逃せないサイトです。再生もその場で確認できるので、スムーズにダウンロードができます。8つのカテゴリーに分かれています。

戦闘演出 / アニメ /  声素材 / 生活/ 機会 / 乗り物 / 環境音 / ボタン / システム音 / 自然 /  動物

Youtubeを編集する人にとって、かなりおすすめのサイトです。本当にたくさんの効果音があり、助かってますね。細かなところまで効果音があり、声優さんの声などもあり「こんな音あるの?」となるので、時間がある時は見てみると思わぬ発見があります!!実際にYouTubeの動画編集をしているプロの講師もおっしゃってます。

講師
大岡さん

ここのサイトは色々あって、使ってるなぁ。

・フリー音楽素材 魔王魂

https://maoudamashii.jokersounds.com/music_se.html

名前が魔王魂と、面白いつかみですね。(笑)

見てみると、ゲームの戦闘シーンであったりどゲーム動画を編集する方におすすめです。動画を想像しながら、見つけて編集時にどんどん使っていきましょう。

効果音・BGMを使うときの注意点

今は情報社会の時代でインターネット検索をすれば欲しい情報がすぐに手に入ってしまいます。そこで、注意するポイントとして著作権ということです。誰かが作った物を、「使っていいですよ」と書かれていない限り使ってしまうとトラブルに起こる原因になってしまいます。

例えば、、損害賠償を要求させれる、賠償金を請求されてしまう、裁判沙汰になってしまう。

それを防ぐ為に、ジャスラックというこちらのページを見ていただくとどうしたらよいかわかりやすく記載がありますので確認してみましょう。

URL:https://www.jasrac.or.jp/profile/index.html

ジャスラックとは、YouTubeなどで音楽を使用する際に、著作権がありますので、利用者の方が簡単な手続きと適正な料金で著作権の手続きができる窓口となっています。著作権フリーのものを選び、気持ちよく良い動画を作っていきましょう。

有料のおすすめ効果音・BGMサイト

プロの動画編集者が使っているおすすめの有料サイトをご紹介します。

<BGMおすすめサイト>

・Arlist

ムード・ビデオテーマ・ジャーナル・楽器・スポットライト・Artgridなどから曲も簡単に選べます。アメリカサイトですが、日本円で約月額2,000円ほどになります。URL:https://artlist.io/

・DOVA – SYNDROME

日本サイトなのでとても見やすいです。BGM・シングル、効果音、作曲者など自分で色々調べれます。アマチュアからプロの方までたくさんの作品がアップおります。クオリティがさまざまです。URL:https://dova-s.jp/

プロからのアドバイスをもらってみませんか?

第4講座中(左=講師・神坂/右=受講生・田畑さん)(撮影=佐伯)

最初の記事にも書きましたが、1人で作っていると偏りが出てしまう、自分の趣味をアップするのであれば問題ないですが、お仕事として「動画編集をしていきたい」と思う方であれば、この視聴者目線を考えて編集をできるかで次のお仕事につながるかが変わってきます。どれだけ、見る人のことを考え動画編集を作れるか鍵になってきます。

講師
神坂さん

ここが1番のポイントですね。継続してお付き合いもしていきたいですからね。

講師
大岡さん

視聴者目線はめちゃめちゃ意識するようになったなぁ。

講座の中では、Youtube登録者数50,000人のチャンネル運営をする動画クリエイター、4つのYouTubeチャンネルの動画編集を担当している方からの生のアドバイスをもらえます。結果を出している方からの考え方や見方を取り入れるとまた、人に見てもらうことができる動画編集を作ることができます。

ご縁がある方は、ぜひ動画クリエイタースクールで一緒に学びましょう。今回お伝えした効果音・BGMのサイトはすぐ検索できますので、早速動画編集をする際に使ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

(編集=神坂/文=堀)(講座写真=佐伯/伊藤)