近年、動画配信やソーシャルメディアの発展により、個人が手軽に共有ができるようになったことで、配信側は価値のあるコンテンツ制作が求められています。

コンテンツ制作を行うにあたって、以下のような声も。

「コンテンツマーケティングって何?」

「初心者でもできるの?」

「コンテンツマーケティングの始め方は?」

実際に、マーケティングの知識がない方でも気軽に配信ができるメリットがある反面、成果を上げるための手順について知らない方も少なくはありません。

そこで本記事では、初心者の方に向けてコンテンツマーケティングの導入手順・始め方について解説していきます。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングは、ブログや動画など価値のあるコンテンツを配信することで、ファンの獲得と購買に至るまでのマーケティング手法の一つです。

継続的に収益性が高いコンテンツは、中長期的に配信が行われ、改善の努力が繰り返されている資産ともいえます。

コンテンツマーケティングにおける「コンテンツ」とは、オンラインだけでなく、オフラインで行われているセミナーなどあらゆるものが対象です。

【タイプ別】コンテンツマーケティングの手法4つ

コンテンツマーケティングには、タイプ別に以下の手法があります。

  • 動画コンテンツ
  • メールマガジン
  • ホワイトペーパー
  • ストック型コンテンツ

それぞれ順番に紹介します。

動画コンテンツ

動画コンテンツとは、YouTubeやTikTokなどで映像と音声が情報として提供されているコンテンツです。

文章や静止画を見るだけの記事よりも、今ではスマートフォンがあれば、いつでも視聴ができる手軽さに伴い、リアルな情報を伝えられるメリットがあります。

たとえば、文章だけではイメージが難しい説明であっても、実際に商品の使い方を実演することで視聴者の理解が早まることで、商品購入に繋がる可能性が高くなります。

高い収益性を見込める反面、制作に時間とコストを要することがデメリットです。

メールマガジン

メールマガジンは、企業から定期的にメールを配信することで個人に向けて直接訴求ができるマーケティング手法です。

最近では、企業だけでなく、個人事業主がビジネスの訴求を行う手段としても使われています。

メールマガジンのメリットは、継続的な配信により、低コストで商品購入やリピーター獲得につなげられる点です。

注意点としては、顧客がメール通知の多さにメールマガジンの配信を停止する可能性があるため、必ずしも開封されるとは限りません。

しかし、企業と個人との関係構築の手段として効果が期待されています。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、一般的には日本政府や公的機関が刊行している白書のことですが、近年のコンテンツマーケティングにおいて、信憑性の高い調査結果と関連づけることで商品の利点を述べるときにも使われています。

具体的には統計資料などを用いて、見込み顧客が抱えている課題の解決に役立つ情報を提供を行い、自社商品に対する関心を持たせることが可能です。

ホワイトペーパーのメリットは、顧客のメールアドレスなどの情報をリストにできる点ですが、制作において時間と手間をかけることがデメリットです。

ストック型コンテンツ

ストック型コンテンツとは、長期的に顧客が求めるようなコンテンツを指し、時間が経過しても価値が持続する特徴があります。

ストック型コンテンツの代表例は、インターネットの百科事典として知られている「ウィキペディア」が該当します。

コンテンツの公開後はマーケティング効果が期待できる資産になりますが、成果を出すためには一定量の記事数と時間が必要です。

コンテンツマーケティングを導入したときの強み5つ

見込み顧客の獲得に有効とされているコンテンツマーケティングですが、実際に導入することでどのような効果があるのでしょうか?

コンテンツマーケティングを導入したときの強みは、以下の5つです。

  1. 潜在顧客の悩みや課題に貢献ができる
  2. コスパが良い
  3. 資産化できる
  4. 顧客ロイヤルティが高まる
  5. 共有の連鎖が起こる

詳しく説明していきます。

①潜在顧客の悩みや課題に貢献ができる

コンテンツマーケティングは、潜在顧客の悩みや課題に貢献ができる効果が期待されています。

細かくいえば、解決したい課題を大枠で持ちながらも、本人に適した商品やサービスを見つけていない潜在顧客に対して、価値のある情報を提供することです。

潜在顧客は、抱えている課題に対して具体的な解決方法を探している状態にあるため、コンテンツを制作するときは継続的にアプローチを行う必要があります。

また、TwitterやInstagramなどのソーシャルメディアが普及したことにより、同じ悩みを持つ人同士で共有されたり、口コミで認知を広げることが可能です。

②コスパが良い

コンテンツの制作において、初期費用は必要とするものの、ランニングコストは不要であるため、継続的にコストが発生する広告よりも安価で、高い集客効果が見込める可能性があります。

また、SEO対策で検索上位を獲得することで、多く潜在顧客に注目されるので、中長期的に安定した費用対効果が得られるでしょう。

③資産化できる

ブログや動画などのコンテンツは公開したプラットフォームが存在する限り、半永久的に残り続けるため、継続的に情報の網羅性を高めることで顧客ニーズに応えられる資産になります。

また、関連するテーマで横展開も可能なので、再利用ができる資産としても活用ができます。

④顧客ロイヤルティが高まる

コンテンツマーケティングを導入することで、顧客ロイヤルティを高められる強みがあります。

オリジナルのコンテンツを提供することで、有益な情報を発信する提供者として権威性や信頼性を高められるので、企業やサービスを好むファンを作ることができます。

また、企業やサービスのブランディングにも効果的です。

⑤共有の連鎖が起こる

顧客が求める有益なコンテンツを配信することで、共感した顧客がさらにコンテンツを拡散するので、共有の連鎖が起こります。

企業が配信する広告と比較すると、顧客の口コミや共有は客観的にコンテンツを見たという情報として、潜在顧客や購買に悩んでいるユーザーに対して後押しすることが可能です。

コンテンツマーケティングには、ユーザー自身が情報収集を行う性質を持つため、さらに高い集客効果が得られるでしょう。

コンテンツマーケティングの導入手順・始め方

低コストで高い集客効果が期待されているコンテンツマーケティングの特徴を理解しても、実際に導入するためには手順を知ることも大切です。

コンテンツマーケティングの導入手順と始め方は、以下の順番になります。

  1. コンテンツマーケティングを導入する目的を設定
  2. ペルソナを明確にする
  3. カスタマージャーニーマップで可視化
  4. 競合の動向を分析
  5. 流入経路を確保
  6. KPI・KGIの数値目標を設定
  7. 目的に沿ったコンテンツを制作
  8. チーム編成を行う
  9. 定期的に効果測定を行う
  10. 改善を繰り返す

一つずつ解説していきます。

①コンテンツマーケティングを導入する目的を設定

コンテンツマーケティングを導入する目的を設定することで、最終的にコンテンツの評価をできるようにします。

まずは、コンテンツを見てもらいたい見込み顧客に対するアプローチの方向性を決定するために、目標設定を行います。

導入する目的を定めなければ、コンテンツ運営が上手く行かなくなることもあるため、慎重に設定しましょう。

②ペルソナを明確にする

目的が決まったら、誰に向けてコンテンツを発信するのかを決める必要があります。

マーケティングではペルソナと呼ばれている具体的なユーザー像を明確にすることで、戦略の方針が決定されます。

ペルソナは、年齢や性別、職業、家族構成などをリアルに設定することで、コンテンツの運営側はユーザーの視点に立つことが可能です。

③カスタマージャーニーマップで可視化

初心者の方にとってはあまり聞きなれない「カスタマージャーニーマップ」で可視化することで、高い的中率でニーズに合ったコンテンツを生み出せます

カスタマージャーニーマップとは、ユーザーがニーズを持ち始めてから購買に至るまでのプロセスを図に表したものです。

具体的には、顧客の行動や心理状況、課題について明確にします。

④競合の動向を分析

コンテンツマーケティングを導入している運営者が、オリジナル性のあるコンテンツを生み出すためには、やはり同じ業界の動向や市場分析が必要になります。

コンテンツのテーマを絞るには、競合が行っている取り組みや世間のトレンドも視野に入れつつ、ペルソナで明確にした顧客が求めている情報を洗い出します。

多くのコンテンツのなかから選ばれるためには、競合の動向分析が欠かせません。

⑤流入経路を確保

運営するコンテンツへの複数の流入経路を確保することで、顧客との接点を増やすことが可能です。

コンテンツマーケティングでは、SEO対策で検索上位を重点的に狙うことが多いですが、逆に視野が狭くなり、顧客との接点を逃す可能性もあります。

コンテンツの内容によっては、必ずしもSEOが最適とは限らないので、一つに絞らないことがポイントです。

たとえば、ソーシャルメディアやメールマガジン、広告など複数の流入経路を活用する「マルチチャネルマーケティング」という手法は多くの企業で導入されています。

また、いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのようにして発信するのかを決めることがコツです。

⑥KPI・KGIの数値目標を設定

KPIは「Key Performance Indicator」の略で、重要業績評価指標と訳されます。

つまり、目的達成の度合いを数値化した指標です。

マーケティングにおいて、特にKPIは重要視されており、なければ目標達成に支障をきたすこともあります。

同様に、KGIは「Key Goal Indicator」の略で、経営目標達成指標と訳されます。

企業において、最終的な目標を意味しており、簡単にいえばKPIが「過程」でKGIが「結果」を表す指標です。

コンテンツの認知を広げたい場合は、検索順位やコンテンツ名の月間検索回数などをKPI・KGIの数値目標を設定することがポイントです。

⑦目的に沿ったコンテンツを制作

継続的に質の高いコンテンツを発信していたとしても、ユーザーが辿り着かない状態ではコンテンツマーケティングの効果が薄くなります。

一度公開したら終わりではなく、目的に沿ったコンテンツを制作・改善する努力が必要です。

見てほしいユーザーに届くように、流入経路や発信するコンテンツのテーマを定期的に見直しましょう。

⑧チーム編成を行う

コンテンツマーケティングをしっかり運用するためには、社内のリソースを確保することが必要です。

また、人材不足の場合は、外部委託で一部の業務を任せる方法もあります。

中長期的にコンテンツを発信するにあたって、社内・外部も含めてチーム編成を行うことがポイントです。

コンテンツの種類によりますが、動画編集者やライターなどのポジションを設定することで、各工程における責任者が明確になります。

⑨定期的に効果測定を行う

チーム編成が決定し、コンテンツの発信を始めたあとは設定したKPIの数値や、コンテンツへの訪問者数などを実際の効果との差を確認します。

コンテンツの配信はなるべく一定のペースで行い、効果測定も定期的に行いましょう。

⑩改善を繰り返す

紹介してきた手順が一通りできたら、改善を繰り返すのみです。

価値のあるコンテンツを配信するためには、PDCAサイクルを回す必要があります。

PDCAサイクルは、計画、実行、評価、改善を継続的に行う方法として、マーケティングでも活用されています。

目標設定やペルソナを明確に行い、コンテンツを制作・配信したあとはKPIなどで客観的に評価すると、また改善を繰り返す流れです。

コンテンツマーケティング導入における課題点・対策5つ

コンテンツマーケティングを導入するにあたって、知っておくべき課題点が以下の5つあります。

  • コンテンツマーケティングに対する理解が曖昧
  • 企画力が試される
  • 数値だけではコンテンツの評価ができない
  • 社内リソース不足による業務停滞が起こる
  • コンバージョン獲得に苦労する

それぞれ順番に課題点に対する対策も紹介します。

コンテンツマーケティングに対する理解が曖昧

コンテンツマーケティングでは、アクセスが増えても購買につながるとは限りません。

コンテンツマーケティングに対する理解が曖昧だと、中途半端に終わる可能性があります。

商品やサービスよりもコンテンツの内容を重視するため、短期間で成果を実感できないことを知る必要があります。

なかには、すぐにコンテンツの配信を停止してしまう運営者も少なくはないので、長い目で顧客の動きを見ることが大切です。

企画力が試される

コンテンツマーケティングにおいて、継続的に顧客が見たいと思うコンテンツを配信するために企画力が試されます。

具体的には「どのようなコンテンツを制作すればいいのかわからない」「ネタがない」といった意見も多いようです。

顧客の声や口コミを取り入れたり、積極的に情報収集を行いながら、信頼性のあるコンテンツを企画していきましょう。

また、限定的なコンテンツだけでなく、複数の流入経路設計や視覚的にわかりやすい画像をつくる工夫も必要です。

数値だけではコンテンツの評価ができない

マーケティングでは先述したとおり、KPIの数値をもとに目標に沿った行動を行いますが、コンテンツの質を明確に評価することが難しいとされています。

コンテンツを公開したとしても、必ずしも売上に直結することがないので、数値がすべてではありません。

コンテンツの内容が顧客にとって、見やすいのか、信頼できる情報なのかなどは評価する側の感覚が重視されます。

社内リソース不足による業務停滞が起こる

社内リソースが不足していると業務停滞が起こる可能性が高くなります。

たとえば、動画編集やライティングなどは時間と労力が必要なため、計画どおりに進行しないことが増えていきます。

本来すべき業務に影響が出るのであれば、予算とのバランスを踏まえて外注することも検討してみましょう。

また、コンテンツを制作するにあたって、目標から反れないようにディレクション業務も重要です。

コンバージョン獲得に苦労する

コンテンツを配信するにあたって、コストと手間がかかるうえに、コンバージョン獲得に苦労することもあります。

さらに、コンテンツのブランディングやファンを増やすために、継続的に配信ができる体制が求められるので、定期的な更新と拡散が必要です。

コンテンツを公開してから、成果につながるまで時間がかかるので、現実的に達成できる目標を立てることがポイントです。

初心者でもコンテンツマーケティングを始められる!

本記事では、初心者の方でもコンテンツマーケティングが始められるように導入手順・始め方について紹介しました。

新規で立ち上げたばかりのコンテンツの場合は、中長期的な目線で継続的に配信することが大切です。

コンテンツマーケティングは短期的に成果を上げることには向いていないので、生み出し続けられるリソースの確保も必要です。

また、ソーシャルメディアやWEBサイトとの連携で被リンクが増加すると、ドメインパワーが上がるため、検索エンジンにおいて高評価が得られるでしょう。